当前位置 >> 师资队伍
师资队伍

吴保华

       1987年7月大学毕业后,在母校东北师大外语系工作;1993年10月赴日本冈山大学(Okayama University)求学;2000年至今在交大外语学院日语系工作,副教授。现主要靠讲授日语和日本文学课程维持生计。

      现在比较关注自然生态、精神生态、政治生态和社会生态方面的研究。

主持项目:

1、2008年,上海交通大学“985工程”二期项目“文化视野下的20世纪外国文学”下设项目“文化视野下的20世纪日本文学”的课题负责人;

2、2012年,上海交通大学“985工程”三期“中国当代文学在日本的传播”的课题负责人;

3、2013年,国家社会科学基金一般项目“志贺直哉文学的精神世界研究”立项(13BWW019)。

专著、论文:   

1、编著《志贺直哉短篇小说<在城崎>研究》(中日文) 

    上海交通大学出版社,2013年年1月

2、专著『志賀文学における運命の超克』(日文)

    マルモ出版,2005年年8月

3、『中国大陸における日本文学の教科書について—志賀直哉の作品「城の崎にて」を中心に—』(日文)

     「Juncture3」,(名古屋大学日本近現代文化研究センター),2012年3月

4、「志賀直哉と禅語」(日文)

     「岡大国文論稿」第32号,2004年3月

5、「志賀文学における小動物の死の心象風景について」(日文)

     「岡大国文論稿」第30号,2002年3月

6、「志賀文学における死の心象風景」(日文)

     「岡山大学大学院文化科学研究科紀要」第8号,1999年11月

7、『「暗夜行路」における運命の超克』(日文)

     「岡山大学大学院文化科学研究科紀要」第7号,1999年3月

8、「志賀直哉と禅—叔父直方との関係を中心に—」(日文)

     「岡山大学大学院文化科学研究科紀要」第6号,1998年11月

9、『「菜の花と小娘」論—草稿から初出へのテーマの変動を中心に—』  (日文)

     「岡山大学大学院文化科学研究科紀要」第4号,1997年11月

10、『「濠端の住ひ」と「独語」に関する一考察—「私」の気持ちをめぐって—』(日文)

   「岡大国文論稿」第25号,1997年3月

 

业余爱好:

        喜欢散步,超喜爱打网球、偶尔看看斯诺克的顶级大赛,自认为是费德勒和丁俊晖的粉丝。

 

 
 
 
 
 
 

版权所有:2013年 上海交通大学外国语学院  沪交ICP备2010919  技术支持:上海屹超