当前位置 >> 师资队伍
师资队伍

个人基本信息:

   林子博   男,教育学博士,上海交通大学外国语学院日语系讲师

 

研究领域:

   日本教育史、日本思想史、道德教育

 

最终学历:

     2015年     京都大学教育学博士

       

工作经历及学术兼职:

     2015.09-            上海交通大学外国语学院

     2016.04-             同志社大学人文科学研究所嘱托研究员

    <所参加学术团体>

     日本教育学会、日本教育史学会、日本思想史学会、日本教育史研究会

 

科研成果(独立作者或第一作者):

?《森有礼的“伦理”教育改革初探——以《伦理书》编纂团队为中心》,《福建师范大学学报(哲学社会科学版)》2017年第3期,64-71页,2017年

?《中国における日本道徳教育研究の現状と展望》,《2015年度東アジア若手人文社会科学研究者ワークショップ報告論文集》,42-45页,2016年

?《森有礼文政期の<倫理>科教科書<布氏道徳学>の考察――日本弘道会誌上の批判に着目して》, 《京都大学大学院教育学研究科紀要》第61期,2015年。

?《道徳の標準を求めて――明治日本の道徳教育》, 《2014年度京都大学南京大学社会学人類学若手ワークショップ報告論文集》,49-54页,2015年。

?《森文政期における<倫理>と<道徳>のあいだ――<倫理書>と<布氏道徳学>を手がかりに》, 《教育学研究》第80(4)期,491-502页,2013年。

?《雑誌<国民之教育>にみる道徳教育――森文政期における<倫理書>編纂過程の再検討》, 《日本の教育史学》第55期,6-18页,2012年。

?《森文政期における雑誌<国民之教育>の書誌的考察》, 《教育史フォーラム》第7期,19-32页,2012年。
 
? In Search of a National Morality: The Debate on Moral Education in the Meiji Period, Annual Report: Academic Exchange Programs 2011 between Kyoto University and Beijing Normal University, 112-117.

?《近世武士の忠誠観における公と私――士道論と<葉隠>を中心に》, 《教育史フォーラム》第5期,2-20页,2010年。

 

科研项目(主持):

1. 住友财团<アジア諸国における日本関連研究助成>2015年度

2. Suntory文化财团<中国人若手研究者による社会と文化に関する個人研究助成>2013年度青年基金项目(Suntory Fellow)

3. 京都大学Global COE Program<心が活きる教育のための国際的拠点>2011年度研究生培养经费资助

 

其他学术成果:

<译文>

1. 板垣雄三:《再论从地域视角看世界史》, 《开放时代》,2012年第10期。

 

奖励和荣誉:

1. 2014年  京都大学教育学部同窗会国际赏

2. 2012年  日本教育史学会研究奖励赏

 

版权所有:2013年 上海交通大学外国语学院  沪交ICP备2010919  技术支持:上海屹超